今日要るのにお金がない!さあどうしよう!!

どうしても今日中にお金が要るのに口座にはお金が残っていない。度々あっても困りますが経験はありますよね。

 

こんな場面ですね。

 

  • 今月は予定よりも使いすぎて給料日まで持たない!
  • どうしても欲しいゴルフクラブがあるのにお金が足りない!
  • やっと彼女とデートできるようになったのに!

 

お金がないからと諦めるわけにもいかず、でも安心してください。

 

すぐにお金が必要ならおすすめのキャッシングはココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

即日キャッシングを利用しよう

 

キャッシング会社を選ぼう

即日キャッシングなら申し込んだ当日にお金が手に入ります。まずはどこからお金を借りるかキャッシング会社を選んでください。大手消費者金融ならまず大丈夫です。即日キャッシングは銀行でも対応しています。ただ、銀行で即日キャッシングを申し込んでも審査基準が厳しい上に審査にも時間が掛ります。たしかに銀行でお金を借りれば金利は安く、多くのお金を借りることが可能ですが、緊急時に間に合わなければ意味がありません。その点を考えれば、アコム、モビット、プロミスなどに代表される消費者金融の方がお勧めです。

 

会社が決まったら申し込んでみよう

消費者金融は沢山ありますが申し込み方法はどこもほぼ同じです。店頭に出向いてもいいし面倒ならインターネットでも申し込めます。インターネットだと審査結果も早く出て、審査に通れば続けてキャッシングの手続きまでができます。先ほどの消費者金融の大手、アコム、モビット、プロミスであればインターネットバンキングでの振り込みに対応していてほとんど時間は掛りません。ただし、銀行振り込みで即日キャッシングを行うためには時間に制約があります。

 

銀行が開いている時間帯に振込業務を完了させる必要があるのです。その時間から逆算してキャッシング会社への申し込みは14時前に済ませておく必要があります。審査が通りキャッシング会社が振り込み手続きをしてくれたとしても、銀行側のシステムの問題で口座に入金されるのは翌日になるのです。申し込み時間に間に合わずどうしても今日中にお金が必要なときや土日祝日の申し込みは銀行振り込み以外の方法を考えるしかありません。

 

銀行時間外に即日融資の方法とは

銀行振り込みが使えない時間帯には自動契約機が有効です。大手消費者金融の自動契約機は全国に展開していて、取引も年中無休です。そして申し込みからキャッシングカードの発行まで1台の自動契約機行えます。申し込みから契約まで分からないことがあればオペレーターと連絡が取れるので難しいことはありません。ただ、審査時間の間中もその場で待っていなければならず少々手もち無沙汰です。インターネットで申し込んで審査結果を持って自動契約機で手続きすれば待たされることもありません。

 

自動契約機で契約まで完了すればその場でキャッシングカードが貰えます。後はカードを使ってATMを利用すればその日のうちに現金が手に入るといった具合です。自動契約機に共設されているATMを使えば手数料も無料のことが多いようです。ATMを使うために自動契約機のある場所を確認しておくのも方法ですね。

 

大手消費者金融の自動契約機はアコムとプロミスが9時から21時まで、モビットは8時から21時までの営業となり少しずつ違います。一応確認しておいた方が安心かも知れません。それと自動契約機では身分証明書が必要です。何か証明できるものを準備しておいてください。

すぐにお金が要りようになった時には

 

世間では、今すぐお金が必要な時にキャッシング!と謳われている傾向にありますが、本当にお金が必要な場面とはどんな時でしょう。

 

例えばこんな場面…

  • お金に余裕が無いのに近々結婚式に参列予定がある
  • 親戚に急な不幸があった

 

というような、いわゆる冠婚葬祭があるでしょう。その他にも、急にお金が要りようになる場面は数々あります。日常において欠くことのできない車が急に故障した時の修理代など、予期せぬ場合にはやはりキャッシングは有効な手段と言えます。キャッシングとは、ローンを組むこととは違い、直接現金になるわけです。また、クレジットカードで支払うことのできない場面が度々あるでしょう。医療費や子供の習い事の月謝などはそれにあたりますから、これらの例にもキャッシングは有効活用できます。

 

キャッシングが便利とされる理由には、無担保で保証人も要らないことがあげられ、とてもスムーズなことがうれしいですね。

 

キャッシングでの悪い利用法

日常生活において計画的にキャッシングを有効活用するのは悪いことではありません。ですが、借金に借金を重ねて返済していこうというキャッシングの利用方法は良いこととは言えません。借金を積み重ねていく上で利子はどんどん膨らんでいきます。これは、利用者の負担が増えているだけで根本の借金は減っていきません。

 

例えば、一社に20万円キャッシングして利子を含め25万の返済になり、他社で25万キャッシングしてそれを返済しました。次にその25万円を返すためにまた別の一社に304万円キャッシングしました。これは元金が返済できていないことの繰り返しですから利子だけが膨らんでいくわけです。複数の借入先があると今後の新規借入は難しくなってきます。審査の際には、全ての借入先の総額が借金として見なされ計算されますので、審査は通りにくいというわけです。

 

審査が通過しにくい多重債務

多重債務がある状態でも、返済見込みがあればそのままで大丈夫なケースもあります。ですが、ほとんどの場合はいずれ返済が滞り、行き詰まることが多いです。それが目に見えているのであれば、それ以上借金を重ねずに”債務整理”を考えましょう。また、給料日が来れば返済できる状況にある場合ならば、キャッシング会社にその旨を伝え、返済日を給料日まで待ってもらうようはからってもらうことも、これ以上キャッシングを増やさない手段の一つです。もしも交渉が通ったのならば借金額が増えることもなく、ブラックリストに登録されることも避けられるかもしれません。

 

ですが、そうは言っても何度も延滞を繰り返すような素行であれば、キャッシング利用可能額は減額されるでしょうし、もしくは一時的に利用が止められる場合もあります。キャッシングを便利に利用するためには、やはり返済期限を守る事が基本です。計画的な利用を心掛けましょう。キャッシングとは、とても便利にお金を手にする手段です。一度契約をすると、利用可能額の範囲内であれば借入や返済は自由にできます。今すぐお金が要りようなピンチの時にはもちろん、今すぐの利用予定がない方でもピンチの時のために契約だけでも済ませておくのも良いのではないでしょうか。便利なキャッシングは、なにも消費者金融だけで扱っているものではありません。銀行のカードローンやクレジット会社でも取り扱っていますので、自分に合うものを選びましょう。

即日融資を希望する場合

即日融資を希望する場合、即日融資に対応している金融業者を選択するのはもちろんですが、融資希望額を必要最小限の額にすることが大切になります。

 

融資希望額を低めにするのはどうして?

金融業者側は融資希望額が大きい場合、万が一回収が不可能になることを一番嫌います。この為、審査基準が通常より厳しくなります。また申し込みの初回から50万円以上の高額な融資を希望する場合や、今回希望する額と他社から既に借り入れている額を合わせた総融資額が100万円を超えるような場合には、必ず収入証明書の提出を求めます。少しでも返済能力に不安があると判断された場合、融資を断られてしまいます。

 

この融資額が高額の場合の審査では、年収面だけはなく、他社からの借り入れ件数や借り入れ総額、返済遅延情報はもちろん、家族構成や居住状況(持ち家、アパート等)までも対象になります。これらを総合的に判断して融資が受けられるかどうかが決まりますが、今回の希望額と合わせて借り入れ総額が年収の1/3を超えてしまうような場合、まずその時点で融資は受けられません。おまとめローンなど総量規制の対象外もありますが、基本的には年収の1/3以上の融資は受けられないと思ってください。

 

このような理由から即日融資を希望する場合、まず総額で年収の1/3以下に収まる範囲で、今回の融資額が50万円以下、既に他社から借り入れがある場合はそれと合わせて100万円以下までに抑えた金額の融資を希望してください。特に正社員ではない雇用形態(パート、アルバイト等)で特に今回大きな金額が必要ではない場合は、10万円以下の融資を希望することで融資が下りる可能性が高くなります。少額を希望することで金融業者は、この人はそれほどお金に困って借りに来ている訳ではない(一時的に必要なだけだと判断してもらえる)という印象を与えることができます。

 

年収額が高い人でも希望額が100万円を超えるような高額な場合になると、利用目的が何かの購入費などと決まっている場合は別として、そんな高額を一体何に使うのかと余計な不安を与えてしまいます。ですので即日融資を希望する場合、まずなるべく希望は少額に、そして利用目的は「○○購入の為」や「趣味で使用する為」などの決まった理由にすることが大切です。

 

身分証明書を用意するだけです

少額の融資の場合、必要書類は身分証明書(運転免許証や健康保険証、パスポート等)のコピーや写真で撮った画像を提出するだけでOKなので、申し込みも楽になります。大手の消費者金融は、返済能力に問題がなく信用できると思った人にはなるべく多く貸付をしたいと考えています。その方が利息額も大きくなるからです。10万円の融資を希望した場合でも、限度額が50万円に設定されるなど、収入証明書が不要な範囲でもう少し上の金額まで融資が可能なこともよくあります。即日融資を希望する際は、希望額を少額にするほど審査に通りやすい、と覚えておいてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
更新履歴